読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイディアの宴

名もなき高校生がtwitter改として始めたブログ。

正しい選択よりも後悔しない選択

生きるってなんだろう

素朴な疑問ですが、生きるってなんでしょうか。この世に生を受けた理由なんて一般の人にしてみればよくわからない。

なので、生きることは人それぞれが自分の定義に沿って創造していくものだと思います。

病気で変わった死生観

僕は16歳の時にガンになりました。それによって自分の生き方は大きく変わりました。

 

僕の生き方は、正しいと言われていることよりも自分の中で後悔しない基準で生きるということです。

 

世間で言われている正しいこと、それって自分に当てはめるとそうでもないことがあります。内心ではわかっているんだけど、変えられない。

だって、このまま正しく生きていけばドロップアウトしないし...って。

 

実は私がそうでした。まんま私です。ガンになるまでは、正しい道を歩いて、それで褒められていい気になってました。それが気持ちよくてその道から外れないようにそーっとそーっと生きていくんです。

それである時、死を喉元に突きつけられました。

 

死にたくない死にたくない。心が荒波だって底へ底へと落ちていく感じがしました。

やりたいことがいっぱいある。結婚もしてないし、社会に貢献することもできていない。彼女になんて言おう、友達は?学校は?とにかく不安だった。

死が怖くて怖くて仕方なかった。

 

この体験が、正しい選択よりも後悔しない選択を選ぶという僕の考えを形作っています

死ぬ時に後悔しないのは、正しくなくても自分のやりたいことに挑戦できた人生です。

後になってこうしていればなんて思ったらこの世に生を受けた意味がない。

 

  • なので、一つ一つの選択に責任を持って時には正しさに逆らうことも必要だと思います。死ぬ時、後悔しないように生きていきましょう。